営業の求人を射止めるアピールポイントのヒント

女性向けの営業の求人が少ない

営業の求人を射止めるアピールポイントのヒント 転職を考えているという話をすると、よく「営業が向いていると思うよ」と言われます。私には今まで営業の経験がなく、また自分に営業がつとまるという自信も全く無いのでその度に何故?と戸惑ってしまいます。ですがそれを言ってくるのは皆営業経験者なので、経験者から見たら向いてるように見えるのでしょうか。「いつも笑顔だし、自分の意見をしっかり伝えられる」「きっちりした性格」「人当たりがいい」などというのがその理由のようですが、自分では決してそのような性格だとは思えません。人見知りが激しいし人前で話すときにはいつもどこか怯えています。いつも笑顔というのだけは合っていますが、それはそういった弱い心を隠すためです。

でもそれだけのひとが勧めてくれているのだし、自分でも自信はないけど興味はあります。出来ない出来ないと避けているだけではいつまでも出来ないままなので、思い切ってチャレンジしてみようかと思いました。そこで求人情報を見るときにそれまで避けていた営業に目を向けて見るようにしたのですが、思っていた以上に女性の営業の募集が少なくて驚きました。興味がある企業の営業の求人は、性別の指定などはもちろんありませんが「男性活躍中」と書いてあったり男性が活き活きと働いている写真が使われていたりして女性を求めているとは思えません。女性向けの営業はほとんどが保険会社のものでした。保険の営業が悪いと言うわけではないのですが、もう少し選択肢が多ければ、と思います。